乾燥肌の対策をしよう|乾燥に負けない肌へ

婦人

適切なスキンケアで改善

スキンケアする女性

敏感肌の改善は、肌にある角質層の細胞間脂質に水分補充をしてあげることです。また、角質層の自力回復力を損なわないように適切なスキンケアをすることが大事です。また、生活習慣の乱れや睡眠時間の確保などにも努める必要があります。

もっと読む

健康的なお肌のためには

美容液を持つ女性

乾燥肌をよくしていくためには肌から分泌される皮脂の量を適度にコントロールする必要があります。そのためには、専門的なことをきちんと勉強して正しくスキンケアを行うことが大切です。最近ではインターネットを使っていろいろと調べられますし、お店に行って店員さんに相談をしてみるのも効果的だと思います。

もっと読む

ひからびた肌はダメ

手

肌の悩みは人それぞれあります。オイリー肌と呼ばれる、皮脂の分泌量が多い人は、テカテカした皮膚に大いなる悩みを抱えていることでしょうが、その逆の乾燥肌の方が悩みは深く重大なことが多いのです。乾燥肌の人はメリットが少なく、対策を早めにしないといけないことが多いのです。乾燥肌の人はまず見た目で損をしがちです。かさかさとして見えるお肌は老けた印象を与えがちになりますし、実際乾燥肌の人はしわやシミ・たるみやほうれい線がひどくなる傾向にあります。肌が乾燥すると確執が固くなり、肌の柔らかさが失われます。それにより小じわができやすくなります。また、紫外線対策をしていない人の肌は乾燥していることが多く、シミができやすくなります。

乾燥肌の人は肌の表面のバリア機能が落ちていることが多いため、花粉やほこり、大気汚染などの外的な刺激によって肌のトラブルを起こしやすくなります。乾燥肌の人はまず、洗顔をきちんと行いましょう。乾燥肌の人は洗顔時に無意識のうちにごしごしとこすったり、泡を十分にたてないまま洗顔したりすることもあるので、正しい洗顔を行い肌へのダメージを防ぎましょう。その上で自分にあった保湿化粧品でお肌に潤いを与えます。肌にしっかりと水分がゆきわたることで、小じわもできにくくなり、外的な刺激からお肌を守ることができます。紫外線対策も重要です。外出時にUVケア効果のある化粧品をつけることで、紫外線対策をすることができます。

夏に向けて

ヒップ

顔や背中同様に、お尻にもニキビは出来ます。お尻にニキビが出来ないためには、清潔に保ち、ムレにくい服装をするのが大切です。また、お尻は意外にも乾燥しやすい部位でもあるので、保湿クリームを塗ることも効果的です。

もっと読む